恋の手段に触れて嬉しいと思った事例について

恋のアプローチに触れるとドキッとしますよね。そして嬉しくなります。私も何度も恋のアプローチにふれることがありました。そこで今回は、こんなキャリアについて書いていきたいと思います。
中高生の頃は、思いがけず接することが多くあり、ドキッとすることが多かったです。普通の恋もそうなのですが、それが好きな標的となると嬉しくなって、歓びになっていました。一刻だけ、ちょっとだけふれるというのが堪らなかったです。
生徒になると、しっかりアプローチにふれることが多くなりました。例えば、タイプでの案件だ。男女でアプローチをつなぐレクレーションだったり、高タッチだったりとシーンは色々でした。中でもアプローチをつなぐのは最高でした。旦那がいなかったためアプローチをつなぐ機会が全くなかったからです。なので、レクレーションでアプローチをつなぐだけでもとても幸せで、ずっとつないでいたいということもありました。つないである中だけは、その標的が旦那だと思っていました。
今もアプローチに触れる行事は時々あり、その度にドキドキしている。