熱望と実質がこんがらがる場面ってありませんか

朝方寝ぼけていると、要求と世間がごっちゃになって主旨がこんがらがる時があります。
例えば起きた時に必死に物を見つけ出したり、夢の中で怪我をしたケ所を触ってみたりなどです。
少し経ってから、あれ?今のって夢だったんだと見抜くのです。
これくらいならまだ良いのですが、時々美味しいものを取る要求を見て目が覚めた時に口がまだモグモグ動いてる時があります。
当然口の中には何も入っておらず、あれ?とやっと見抜くのです。
わたくしは寝言とかはあまり言わないと世帯にも言われましたが、そういった寝ぼけて起きてからも要求を夢だったとすぐに認識できないうちがあり、自分でもちょっと恥ずかしいだ。
今朝は何故か綿あめを食べる要求を見ていて、起きた時に布団を握りしめていました。
さすがに口には入れてませんが、ふわふわした心持ちが本当に綿あめのように感じて布団と認識するのに少し間がかかりました。
それぞれたちと航海などに行った時に、誰かの予行で寝ぼけてオモシロ行動をしたらいかんせんと、ちょっぴり問題だったりします。